tocopan Note

自分らしく生きていく方法探してみよう・自分の仕事を作ろう

自分磨き

便利なツール(Forest)を使ってついついネットをしてしまうのをやめる方法

数日前、勉強や仕事が苦手でも続けられるようになる方法という投稿を書きました。今日は、その中で紹介したForestというツールの使い方について書こうと思います。

Forestとは

Forestはついついネットやスマホを見てしまうという人にとってはとても便利なツールです。このツールは一定時間(通常25分間)スマホを使えなくしてしまったり、ブラウザでネットができなくすることができる便利なプログラムです。1回使うごとに、アプリの中の木が少しずつ成長します。そして自分だけの森を育てていくというミニゲームになっています。木が成長すると、このアプリを提供する会社を通して実際の植樹活動に貢献できるのです。Trees.org for the Futureという実際に植樹活動をしている団体によると、この記事の執筆現在、なんと271,770本もの木が植えられたそうです。すごいですよね。

集中して勉強や仕事をすればするほど、現実世界の環境問題にも貢献できてしまうという一石二鳥なアプリなのです。

Forestアプリ、アドオンのインストールと使い方

スマートフォンは、アプリをiPhoneはApp Storeから、AndroidはGoogle Playからインストールします。

パソコンのブラウザは、拡張機能として追加できるのはGoogle Chrome、Firefoxです。ChromeはChrome Web Storeから、FirefoxはFirefox Add-onsからそれぞれ追加できます。

使い方を簡単に説明します。 ブラウザ版のForestには「ブラックリスト」と「ホワイトリスト」の2つのモードが用意されています。「ブラックリスト」をオンにするとそのリストの中にあるWebサイトにアクセスできなくなります。「ホワイトリスト」をオンにするとそのリストの中にあるWebサイトにしかアクセスできなくなります。どちらを使うかはユーザーに任されているのですね。スマートフォンでは「ホワイトリスト」のみで、ここに許可するアプリを登録します。例えば電話には出たいときは電話のアプリにチェックを入れます。

まとめ

集中はしたいのだけれども、ネットを完全に切ってしまうことができないときに非常に便利なツールです。私はついつい、見てしまう「Twitter」や「YouTube」をブラックリストに追加しています。スマートフォンはパソコンに向かっているときはたいていさわらないのでそのままにしていることが多いです。一度会員登録(有料、たしか200円位)をしてしまうと様々な種類の木がアンロックされてさらに楽しくなりますよ。集中するのが苦手でついついスマホやネットをみてしまうという場合は一度無料で試してみてはいかがでしょうか。

ad3

-自分磨き